心学明誠舎

SHINGAKUMEISEISHA
○ 「市民思想」の始まり…石田梅岩の思想は日本における「市民思想」の始まりであると言われています。そして、その世界観は、無意識の内に日本人の世界観の基となってきました。経済至上主義の吹き荒れる今、再び我々の手に取り戻すべき思想です。○ 町人が生んだ思想…1685年、京都・亀岡の農家に生まれた梅岩は、京都の呉服商で番頭にまで上りつめました。その間、儒・仏・道・神道など学問修行に励み、ついに悟りを開き、45歳から京都で講釈を始めました。梅岩は60歳で亡くなりましたが、門人たちによる心学講舎は全国に広がり、大きな影響を与えました。○ 性に従う…梅岩の思想は、実践的な思想ですが、その核心は-宇宙万物が等しく持つ「自然的秩序」を人間も持っている。人は人の形に基づく人の心(性・本心)を持っており、欲心に惑わされず、本心に従うことが人の道であり、商人の道である-ということです。「万事、物の法に随う」とも表現しています。○ 現代に持つ意味…梅岩は「勤勉」「正直」「倹約」、また、「先も立ち、我も立つ」商いを説きましたが、企業の社会的責任・社会との共生・環境保護などの観点から現代的な意味を持っています。○ 「勤勉」…梅岩は、人は労働によって食を得る形に生まれており、その心を持っているので、身を苦労し努めれば「心は安楽になる」と説きます。何のために働くのかが問われる今、味わうべき言葉です。○ 「正直」「先も立ち、我も立つ」…梅岩は、「此正直が行われれば、世間一同に和合し、四海の中皆兄弟のごとし」と言います。また、「まことの商人は、先も立ち、我も立つことを思うなり」と言っています。日本で最初にCSR(企業の社会的責任)を唱えたと言えます。○ 「倹約」…梅岩の倹約は金を貯めるためではありません。「物の効用を尽くす」ことです。「世界に三つ要る物を二つにてすむようにするを倹約と言う」と言っています。今、最も必要とされている省資源、環境保全につながる考え方です。○ 社会的役割の自覚…「士農工商」はその職分において平等であること、また道徳も身分や職分で変わりがないこと、商いの利益は武士の俸禄と同じで正当なものであることなどを、厳しい幕府政治の中、危険を顧みず主張したことは、商人の社会的な役割の自覚・自信につながりました。この他にも、梅岩の教えには、世界的な視点から価値あるものが多くあります。また、弟子たちには優れた人たちが多く、手島堵庵・中沢道二・柴田鳩翁などが活躍しました。鎌田柳泓は日本の科学史・哲学史上からもユニークな人です。

心学明誠舎蔵書目録

(番号欄の枝番号は同一本のことを表す)
本蔵書目録の解説を別ページにPDFファイルで掲載しています。
平成21年3月に、蔵書の展示会を開催しました。その様子をギャラリー「心学明誠舎蔵品展のページに掲載しています。
番号 表題 写刊・巻冊・著者(編者・校者・絵)・刊年(序跋)・書肆(大坂・京都・江戸)・奥書・絵入・書入・蔵書印(山田氏以外)
Ⅰ心学 石田梅岩 . .
1 都鄙問答 三之四 刊2巻1冊 27.5×18.9 33丁
石田勘平
元文4(1739)年孟秋日刊
平安書林 山村半右衛門・小川新兵衛梓行
2 都鄙問答 一二・三四 刊2巻2冊 25.5×18.5 ①58丁 ②59丁
石田勘平
元文4(1741)年孟秋日開板
天明8(1788)年戌申13月再刻
平安書林 小川新兵衛・吉岡祐七
3 都鄙問答 三・四 刊2巻2冊 25.5×18.5 ①58丁 ②58丁
石田勘平
元文4(1740)年孟秋日開板
天明8(1788)年戌申12月再刻
平安書林 小川新兵衛・吉岡祐七
大坂心斎橋博労町南え入 河内屋茂兵衛
京都錦小路麩屋町東入 伏見屋祐七
江戸日本橋壱町目 須原茂兵衛
4 都鄙問答 三・四 刊2巻1冊 25.5×18.5 58丁
-1 石田勘平
-2 元文4(1740)年孟秋日開板
天明8(1788)年戌申12月再刻
平安書林 小川新兵衛・小川源兵衛
5 都鄙問答 一・二 刊2巻1冊 25.5×18.5 58丁
刊記不明
石田勘平
6 斉家論 刊2巻1冊 42丁
石田梅岩
延享元(1744)年甲子9月 
平安弘所書八林 小川新兵衛・小川源兵衛
7 斉家論 刊2巻1冊 40丁(上部書入多し)
石田梅岩
延享元(1744)年甲子9月 
平安弘所書林 小川新兵衛・小川源兵衛
8 斉家論 刊2巻1冊 40丁 
石田勘平
序/5月上旬石田勘平自序
延享元(1744)年甲子9月 
平安弘所書林 小川新兵衛・小川源兵衛
9 斉家論 刊2巻1冊 40丁(上部注記入多し)
石田梅岩
延享元(1744)年甲子9月 
平安弘所書林 小川新兵衛・小川源兵衛
10 斉家論 刊1冊 41丁
石田勘平
序/延享元(1744)甲子年5月
延享元(1744)年甲子9月 
平安弘所書林 小川新兵衛・吉岡祐七
11 斉家論字句略解 写1巻1冊 13丁
12 莫妄想 写1巻1冊 23.0×15.7 16丁 
13 石田先生語録(壱~伍) 写5冊
梅岩
山田氏蔵書(印) 木村蔵書(書)
14 梅嚴語録 写1冊 83丁
15 心学門答(壱~二十) 写20巻18冊 24.0×17.0 
平井蔵書(六代・七代筆写)
16 莫妄想・四十八則・扇百首 答案  写1巻1冊 13.6×19.4 31丁
17 先生問答 写4冊 22.7×16.0 23.4×16.0 ①50丁 ②53丁 ③51丁 ④50丁
18 石田先生遺稿 刊1巻1冊 27丁
石田勘平
大正7年3月24日発行
発行所 京都明倫舎 
19 石田先生語録 写2巻2冊 38丁
山田敬斎
大正9年3月刊
20 石田先生事蹟抄録 刊1巻1冊
早野元光
大正7年3月7日印刷・大正7年3月10日発行
発行所 参前舎 川尻彦兵衛
印刷者 小泉重助
21 石田先生語録標題 写24巻1冊 12丁
22 石田先生問答 写1巻1冊 41丁
Ⅰ心学 蒹葭慈音尼
23 道得問答 刊3巻1冊 85丁
蒹葭慈音尼
文政元(1818)年戊寅初冬刊
序・跋/蒹葭慈音尼 安永三甲午正
皇都書林 御幸町御池下ル町 菱屋孫兵衛
Ⅰ心学 布施松翁
24 松翁先生道話聞書集 写2巻1冊 23.5×16.9 
享保3(1718)年
25 松翁先生道話集 写5冊 ①29丁 ②29丁 ③33丁 ④33丁 ⑤32丁
八宮観農誌
寛政4(1792)年壬子
26 松翁道話 刊1巻1冊
八宮斎著 上河先生校 鎌田先生閲
明治25年1月3日刊
同29年10月20日第5版発行
序/正楊 跋/鎌田鵬
発行者 大阪市南区塩町四丁目三番数室 岡本仙助
印刷者 福田耕
孝子会印蔵書
Ⅰ心学 手嶋堵庵
27 會友大旨 刊1巻1冊 21丁
手嶋堵庵
安永2(1773)年癸巳冬12月刊
五樂舎塾蔵
28 會友大旨  刊1冊 21丁
手嶋堵庵
安永2(1773)年癸巳冬12月発行
天明8(1788)年戊申11月再刻
皇都書肆 白山通中白山町 淡海治郎吉梓
五樂舎塾蔵
29 會輔 刊1冊 17丁
-1 手嶋堵庵
-2 安永2(1773)年癸巳12月刊
30 知心辨疑 写1巻1冊 18丁
手島信述
序跋/男上河正楊
31 知心辨疑 刊1冊 22丁
手島信述
安永2(1773)年癸巳夏5月発行
天明8(1788)年戊申冬11月再刻
序/上河正楊 跋/仲居典信
脩正舎蔵版
32 再刻知心辨疑序 刊1冊 21丁
(外題 数のかなめ) 中井典信謹織
安永2(1773)年癸巳夏5月発行
   天明8(1788)年戊申冬11月再刻
序跋/男上河正楊謹撰 
脩正舎蔵版 同寺町錦天神社前 吉野屋勘助
33 男女教訓 伊呂波歌 後編 刊1冊 
画師 洛西住 下河辺捨水
安永4(1775)乙未年正月吉日刊
序跋/神都書林 講古堂主書 
京都書林 寺町通松原下ル町 菊屋喜兵衛版 
34 男女教訓いろは歌 刊 26丁
35 手島先生いろは歌 完 刊1巻1冊 12丁
手島堵庵
静安舎施印(裏表紙見返し)
36 手嶋先生いろは歌 刊1巻1冊 22.5×15.5 12丁
37 前訓  刊2巻1冊 32丁
手島堵庵
安永2(1773)年癸巳仲秋 手嶋勘兵衛蔵板
安永7(1778)年戊戌6月再板
京都弘所書肆 二条通御幸通西ヘ入町 山本長兵衛 他3書肆
38 前訓  刊1巻1冊 31丁
天保14(1843)年癸卯6月板行
御免 玉章堂蔵版
大坂 寺町通松原上ル町 菊屋七良兵衛 
    心斎橋筋博労町南 川内屋茂兵衛 
京都 六角柳馬場西ヘ入町 平野屋茂兵衛
    寺町通松原上ル町 菊屋七良兵衛
江戸 芝神明御門前 岡田屋嘉七
39 前訓繒抄 刊1巻1冊(下のみ) 19丁
40 女前訓躾種  刊1巻1冊 80丁
手嶋堵庵
天保2(1831)年辛卯新板
同14(1843)年癸卯補刻
41 町人身体なをし  刊1巻1冊 15丁
-1 序跋/手島堵庵
-2 安永6(1777)年酉6月 楯古堂蔵 
弘所京都書林 烏丸通杉原下ル町 鈴木新平 海老屋弥兵衛 他2書林
42 安楽問辨 刊1巻1冊
手島堵庵
序跋/安永8(1779)年亥2月 堵庵
皇都書肆 麩屋町三条上ル二丁目 近江屋荘兵衛
43 安楽問辨 写1巻1冊 27丁
序跋/安永8(1779)年亥2月 堵庵
44 子弟訓 刊1冊 20丁
手島宗義
安永9(1780)年庚子秋8月 楯古堂寿梓
平安書舗 西堀川仏光寺下ル町 炭屋文蔵
  寺町通五條上ル町 梅村三郎兵衛 他京都3書舗
45 手嶋冨岡両先生御答 写1巻1冊
天野成房
安永9(1780)年庚子3月吉日 天野政次郎 書之 成房
46 朝倉新話 刊1巻1冊 26丁
(ちょうそう) 手島
序跋/安永9(1780)年庚子5月 門人有山玄続
弘所京都書林 西堀川松原上ル町 炭屋文蔵
          六角堂御幸町西へ入 上川治良吉 他3軒
47 為学玉箒巻上・中・下 刊3巻3冊 上28丁 中26丁 下31丁
手島堵庵
序跋/寛政紀元己酉(元1789)秋9月庚子序
48 為学玉箒後篇巻上・中・下 刊3巻3冊 上23丁 中20丁 下22丁
手島堵庵
序跋/文化5(1808)年戌辰秋9月 門人土州川田躬平越智?親謹識干漠水樓塾中
49 為学玉箒後篇 刊3巻1冊 62丁
手島堵庵
序跋/文化5年戌辰秋9月 門人土州川田躬平越智?親謹識干漠水樓塾中
牧野文庫
50 為学玉箒 上・中・下 刊3巻1冊 81丁
手島信
序跋/男上河正楊
51 町人身体はしら立 刊2巻2冊
(上)周防由房 (下)手島堵庵
享和2(1802)年戌初冬 増補再板
京都書林 新古本御経類売買 寺町通蛸薬師下ル丁 松営堂めとぎや幸助
52 我津衛 刊3巻3冊 上34丁 中28丁 下32丁 12.0×15.4
堵庵
文政6(1823)年癸未冬10月求判
小野市蔵版
自序/宝暦9(1759)年正月 序/明和7(1770)年8月知道
書肆 大坂南久太郎町心斎橋筋 鹽屋卯兵衛
    京寺町錦小路上ル町 伏見屋半三郎
53 手島道話 刊1巻1冊 18.7×12.6
手嶋堵庵
明治25年7月26日出版
発行者 岡本仙助 他2名(大阪岡本偉業館発行)
54 ありべかかり 刊2巻2冊
手島堵庵
賀門玄武堂蔵板 
弘所書林 京都麩屋町姉小路上ル町 近江屋治郎吉
       同二条通麩屋町東入ル町 山本長兵衛 他3軒
55 ありべかかり 下 刊1冊 26丁
56 ねむりさまし 刊1巻1冊 22.6×15.6
-1 明治44年4月刊
-2 序跋/明治44年3月 柴田謙堂
明治44年4月13日 印刷
同年4月16日発行 京都明倫舎・修正舎
57 ねむりさまし 刊1巻1冊 12丁
-1 手島堵庵
-2 明倫舎施印アリ
58 六諭大意和解 刊1巻1冊 14丁
(六諭衍義大意) 手嶋堵庵
序跋/文化庚午立秋前一日 菊坡安窺々民
59 六諭衍義大意(和解) 刊1冊 13丁
-1 手嶋堵庵
-2 明治以降刊
60 子もりうた 刊1巻1冊 14丁
知真庵
慶応3年刊
序跋/堵庵
弘所京都書林 西堀川松原上ル町 炭屋文蔵
          二条通増堺町東え入町 脇坂仙治郎 他2軒
61 手島堵庵先生事蹟 写1巻1冊 55丁
石門後学 山田俊郷写
明治35年9月24日
62 手島堵庵先生事蹟 写1巻1冊 23.8×16.6 18丁
并三先生事蹟
Ⅰ心学 手島建輯(和庵) 
63 朝倉雑話 巻之上・下 刊2卷2冊 
手島建輯(和庵)
文化3(1806)年丙寅秋9月発行
発行所 明誠舎
64 和庵遺稿 刊2巻2冊 22.3×16.0 ①32丁 ②27丁
寛政9(1797)年丁巳秋7月刊
手島和庵
序文/弟上河正楊
跋文/濃大垣久世友輔
弘所書舗林 大坂 本屋吉兵衛
        京都 近江屋荘兵衛
        江戸 須原屋茂兵衛
Ⅰ心学 手島宗義
65 塵斗(ちりとり) 刊3巻3冊 22.0×15.1 上23丁 中24丁 下26丁
序/享保9(1724)甲辰初冬 手島宗義
跋/天明丁未仲夏 手島建
Ⅰ心学 中沢道二
66 道話聞書 上・下 刊2冊 23.0×16.0 34丁 
八宮斎輯
寛政6(1794)年甲寅9月吉辰刊
序跋/浪善八宮斎誌  
書肆 大坂中橋通瓦町 扇屋利助蔵板
    江戸本町筋通油町 蔦屋重三郎
67 道二翁道話巻 一~六 刊15巻6冊 ①37丁 ②34丁 ③47丁 ④56丁 ⑤58丁 ⑥50丁
中沢道二
寛政6(1794)年甲寅冬刊
序跋/寛政甲寅冬 
大阪書林 積玉圃
       蘭蕙堂 
       文海堂 梓行
68 道二翁道話上・下 刊2巻2冊 上20丁 下17丁
中沢道二
寛政7(1795)年乙卯夏刊
序跋/寛政甲寅冬 手島堵庵
恭寛舎蔵版
弘所書肆 大坂谷町筋錫屋町 本屋吉兵衛
       京都麩屋町通御池下ル目 近江屋荘兵衛 
       江戸日本橋壱丁目 須原屋茂兵衛
69 道二翁道話二篇 刊2巻2冊 上19丁 下15丁
八宮斎
寛政8(1796)年丙辰秋8月叢行
静安舎三部
序跋/平安淇主人
弘所書肆 大坂谷町筋錫屋町 本屋吉兵衛
       京都麩屋町通御池下ル目 近江屋荘兵衛 
       江戸日本橋壱丁目 須原屋茂兵衛
70 道二翁道話三篇 刊2巻2冊 上23丁 下22丁
八宮斎(輯)
寛政12(1800)年庚申夏4月発行
脩衡舎之部
弘所書肆 大坂谷町四丁目 本屋吉兵衛 
       京都麩屋町御池下ル町 近江屋荘兵衛
       江戸日本橋壱丁目 須原屋茂兵衛 
71 道二翁道話四篇巻 刊3巻3冊 上22丁 中15丁 下18丁
中沢道二
享和2(1802)壬戌歳3月発行
敦厚舎之部
弘所書肆 大坂谷町四丁目 本屋吉兵衛 
       京都麩屋町御池下ル町 近江屋荘兵衛
       江戸日本橋壱丁目 須原屋茂兵衛 
72 道二翁道話五篇 刊3巻3冊 上19丁 中21丁 下18丁
浪華 八宮斎 輯
文化元(1804)甲子年4月発行 明誠舎之部
弘所書肆 大坂農人橘通谷町 本屋吉兵衛
       京都御幸町御池上ル 橘屋儀兵衛 他1軒
       江戸日本橋壱丁目 須原屋茂兵衛
73 道二先生道話全 写1巻1冊 24丁
明治13年3月下旬 熊田佐一郎 拝写
74 道二翁童蒙訓 刊2巻2冊 22.3×16.0 ①20丁 ②24丁
文化11(1814)年甲戌中秋
序/文化11年2月 得閑斎茂喬
跋/文化12 鎌田鵬
京三条富小路西え入町 吉田屋新兵衛 他3名
Ⅰ心学 大島有隣
75 本心鬼が?杖 刊1~4巻4冊 ①12丁 ②11丁 ③10丁 ④11丁
西湖編
天明2(1782)寅3月刊
序跋/天明元年辛丑7月 門人江府東叡山下西湖朱椎?
京都書林 三条寺町東入南側 正本屋源治郎 他2軒
76 心学初入手引草 刊1巻1冊 41丁
大島有隣
文政4(1821)辛己年正月社中蔵枝
77 心学信徳録 刊1巻1冊 40丁
大島有隣
天保10(1839)年己亥歳春正月問版
盍簪舎蔵版
製本所 同英大助板
     同英文蔵
78 心学和合歌 刊1巻1冊 22.2×15.4 14丁
大島有隣
序跋/松平康寛
文化11(1814)年甲戌冬11月
盍簪舎蔵版
Ⅰ心学 脇坂義堂
79 あつめぐさ 刊5巻5冊 ①27丁 ②31丁 ③10丁 ④11丁 ⑤22丁
①ありべかかり 画工 洛西 下河邊拾水図
②やしなひぐさ 彫刻 齋藤忠七
③(題なし、下戸上戸の話) 安永9(1780)年庚子正月吉日刊 天野政次郎 書之 成房
京都書林 烏丸通松原下ル町 炭屋勘兵衛
⑤五傳受        二条通堺町東入町 八文字屋仙治郎 他2軒
80 あつめ草二篇 刊5巻5冊 22×15 16丁
①安楽伝授 上 脇坂義堂
②安楽伝授 下、鸚鵡問答 享和2(1802)戊仲春刊
③孝行傳受、和合伝授 京都書林津逮堂
④出世伝授 三條通御幸町角 大谷 吉野屋仁兵衛板
⑤福相伝授、銀のなる木
81 あつめ草四篇 刊5巻5冊絵入 ①36丁 ②28丁 ③35丁 ④35丁 ⑤48丁
一、二、三、四、五 脇坂義堂編著
①立身始まつ鑑
②五用心慎草 ②奥書 文化寅のとし春の日 ほてい庵主誌
③長命になるの傳受 ③文化14(1817)丑のとし初夏開刻
④案山子草 ④寛政3(1791)亥歳夏
⑤夜話荘子 ⑤天明2(1782)寅の冬 出駒子著述
京都書肆弘 二条高倉角 脇坂仙二良
         麩屋町御池下ル町 上河庄兵衛 他2軒
82 五用心慎草之上巻 刊1冊 14丁
(義堂夜話第二篇) 赤坂佐兵衛蔵書
83 童子教訓 撫育草(上・下) 刊2巻2冊 ①22丁 ②22丁
脇坂義堂
享和3(1803)稔春 以徳舎蔵板
序跋/寛政辰の初夏 義堂敬白 
書林弘所 吉文字屋市左衛門
       吉田屋新兵衛 他2軒
84 心学教諭録 初篇上中下 刊3巻3冊 上31丁 中21丁 下20丁
脇坂義堂
序跋/文化8未(1811)春 鎌田鵬
85 心学教諭録 初篇上中下 刊3巻3冊 30丁 
脇坂義堂
序/鎌田鵬
86 心学教諭録 二篇 刊3巻3冊 23.0×16.0 上25丁 中27丁 下23丁
脇坂義堂謹誌
87 心学教諭録 第三篇 刊3巻3冊 
脇坂義堂
弘化3(1846)年丙午正月吉日
浪華書肆 心斎橋通唐物町 河内屋太助
88 長命になるの傳受巻の上下 刊2巻2冊 17丁  
文化14(1817)丑のとし初夏開刻
吉野屋仁兵衛蔵板
牧野文庫 紀伊国日高郡藤田村蔵書
89 長命になるの傳受 刊2巻2冊 18丁 
文化14(1817)丑のとし初夏開刻
茂木屋蔵書
90 冨久貴足神之伝受 刊1巻1冊 23丁
(福来る神の伝授) 脇坂義堂
享和4(1804)甲子の春 不学庵義堂誌
91 上元開運 冨久貴足神之授 刊1冊 23丁
不学庵(脇阪)義堂
享和4(1804)年甲子の春刊
二条高倉東南角 羣玉堂
三条麩屋東え入 文微堂板行
弘所書林 京都二条高倉東南角 脇坂仙治郎
          三条麩屋町東え入 吉田新兵衛
所持者 (大)河路平
(花)茂木屋蔵書
92 和合長久の伝受 刊1巻1冊 16丁
脇坂義堂
享和2(1802)戊仲春刊
文政7(1824)年甲申春求版
皇都 藤井文政堂 三条通麩町角
書林  山城屋佐兵衛
93 開運出世傳受 刊2巻2冊 上22丁 下17丁
手島
吉野屋仁兵衛蔵板
94 売ト先生安楽傳授(上中下) 刊上中下3冊 上21丁 中16丁 下24
脇坂義堂
(寛政8年(1796)刊)
横田屋蔵書印
95 銀のなる木の伝受 刊1巻1冊 16丁
脇坂義堂
96 銀のなる木の伝受 刊1巻1冊 22.0×15.5 34丁
脇坂義堂
諸書物類製本所 
京都書林津逮書
三條御幸町角 大谷 吉野屋仁兵衛板
茂木屋蔵書
97 かねもうかるの傳受 刊2巻2冊 ①19丁 ②17丁
脇坂義堂
三条通麩町角 皇都 藤井文政堂 
書肆  山城屋佐兵衛
98 孝行になるの伝受 刊1巻1冊 22.2×15.4 20丁
脇坂義堂
(寛政9年(1797)刊)
書林 羣玉堂
茂木屋蔵書
99 孝行になるの伝受 刊1巻1冊 40丁
脇坂義堂
100 和合長久の伝授 刊1巻1冊 
(題簽 福相になるの伝授) 義堂
(享和2年(1802)刊)
101 福相になるの伝授 刊1巻1冊 23.6×15.5 18丁
脇坂義堂
(寛政9年(1797)刊)
牧野文庫 紀伊国日高郡藤田村蔵書
102 福相になるの伝授 刊1冊 18丁
脇坂義堂誌
茂木屋蔵印
103 民の繁栄 一之巻・二之卷 刊5巻5冊 ①19丁 ②17丁 ③16丁 ④13丁 ⑤15丁
三之巻・四之巻・五之巻 序跋/寛政7(1795)卯としの冬 脇坂義堂
大野屋仁兵衛蔵板 
仁1冊・義1冊・禮1冊・智1冊・信1冊
104 民の繁栄 一之巻・三之 刊4巻4冊(第2巻欠) ①19丁 ②16丁 ③13丁 ④15丁
巻・四之巻・五之巻 序跋/寛政7(1795)卯としの冬 脇坂義堂
大野屋仁兵衛蔵板 
仁1冊・禮1冊・智1冊・信1冊
Ⅰ心学 柴田鳩翁
105 鳩翁道話 刊3巻3冊 ①18丁 ②18丁 ③17丁
男 武修聞書
天保刊
跋/天保甲午7月 前川常営
皇都 杏林軒壽梓
106 続々鳩翁道話 刊3巻3冊 上21丁 中18丁 下20丁
天保刊
序/天保9(1838)戊戌春正月 平安薩捶天放撰羊書
京都府下書籍卸売所 尚書堂辻本定次郎
大阪府下書籍卸売所 尚書堂辻本信太郎
Ⅰ心学 上河淇水
107 明徳和賛 刊1巻1冊 11丁
上河明謹記
108 聖賢證諸國字解 刊1巻1冊 57丁
-1 上河正楊
-2 寛政5(1793)年癸丑夏5月刊
京師書房鷦鷯惣四郎発兌
Ⅰ心学 その他 
109 心苑餘材 刊2巻2冊 26.5×18.5 上42丁 下39丁
鎌田鵬圖
序/文化11(1814)年甲戌冬10月 鎌田鵬圖
跋/男俊迪
大坂書肆 本屋吉兵衛
京都書肆 橘屋義兵衛
110 心学道しるべ 刊1巻1冊 27丁
鎌田柳泓
序跋/明治6年8月 木村吉保
講義 柴田遊翁述 門人 上田貞幹聞書
明治6年10月発兌 京都侑正舎蔵版
111 徳軒道話 刊1巻1冊 22.3×16.0 15丁
薩?敬徳
跋/天保7(1835)年丙申 文明
Ⅱ心学
112 売卜先生糖俵 刊1巻1冊 22.0×14.5 40丁
虚白齊
安永6(1777)年酉6月元板
寛政元(1789)年酉11月再板
113 売卜先生糖俵 後篇上下 刊2巻2冊 22.4×15.6 上27丁 下24丁
-1 虚白斎
-2 安永7(1778)戊年開板 滄浪舎蔵板
寛政7(1795)卯年再板 麩屋町通御池下ル町 淡路屋庄兵衛
序跋/安永7(1778)戊戌正月発行 虚白斎 堵庵 
        西堀川通高辻上ル町 唐本屋吉左衛門
        麩屋町通御池下ル町 淡路屋庄兵衛 他3件
114 心学目の前 刊2巻1冊 40丁
虚白斎
天明6(1786)丙午歳春発行
京都書林弘所 二条通堺町東エ入ル町 八文字屋庄兵衛
          二条通御幸町西え入町 山本長兵衛 他2軒
大今里村 葭谷新右衛門所持
115 目の前 巻下 刊2巻1冊 20丁
虚白齊
天明7(1788)丁未冬発行
大坂 大今里村 葭谷新右衛門
書林弘所 二条通高倉東エ入ル 八文字屋庄兵衛
茂木屋蔵書
116 前篇名無草一~五 刊5冊 ①14丁 ②13丁 ③15丁 ④17丁 ⑤18丁
宝暦8(1758)戊寅 羽州大泉荘内鶴岡 寵岳子妄輯
宝暦10(1760)辛巳孟春 通油町 川村源左衛門蔵版
東都書肆 柳原新シ橋シ通 平田嘉七
117 工夫の近道 刊1巻1冊 21丁
洛西散人
序跋/安永己亥仲秋(8(1779)) 洛西散人 
118 勧善小話天・地 刊2冊 天19丁 地21丁
山東指月述
序跋/仲井典信識 安永9(1780)洪子春正月
茂木屋蔵書
119 渡世肝要記 刊2卷1冊 42丁
有喜堂主人
天明甲4(1784)5月以降刊
序跋/有喜堂主人
東五条三倉西え入 平野屋茂助所持
120 勧孝見せばや 刊3巻3冊 上22丁 中18丁 下21丁
寛政2(1790)庚戊正月刊
京都書林 三条通御幸町角 吉野屋仁兵衛
       二条通麩屋町 山本長兵衛
       寺町二条 小林重兵衛 他2軒
121 心学あすも見よ 刊1巻1冊 22.5×15.5 16丁
寛政3(1791)辛亥年3月吉日刊
湯嶋一町目明神前 伊勢屋半四郎
書林 室町二町目西側 須原屋市兵衛
    湯嶋一町目明神前 伊勢屋市兵衛
122 鸚鵡問答 刊1巻1冊 28丁
令新亭氏(丹波氏祐)
文化14(1817)丁丑夏5月刊
序/①文化乙亥の冬 平安淇水翁
   ②文化10癸酉 令新亭
跋/①文化戌の歳 久世友輔
   ②文化丙子冬10月 望兒島祺
弘所書肆 大坂心斎橋通北久宝寺町 加賀屋善蔵
       京都御幸町通柳小路下町 橘屋儀兵衛
       江戸日本橋通三町目 須原屋平助
123 こころえ草 写2巻2冊 26.5×18.5 ①40丁 ②45丁
久世友輔著、文化8(1811)年
文政2(1819)巳卯歳7月吉日 河邊氏写之
124 日用心法鈔 上 刊1冊 22.5×15.5 57丁
寿福軒真鏡
序/文政10(1827)亥歳 東都下谷金杉 正月吉辰 壽福軒真鏡述
125 (心学)日用心法鈔 刊1巻1冊 217枚
明治26年1月
序/東都下谷金述 壽福軒真鏡
翻刻兼発行者 日本橋上槙町九番地 秋元政
          日本橋区堺町八番地 東生鉄五郎
印刷者 大阪市南区鰻谷霊町二百五十三番地 南谷新七
発兌 大阪市北久太郎町四丁目百二十八番屋敷 岡本仙助
    大阪市南区塩三丁目三番屋敷 岡本宇野
126 眼前教近道 刊1巻1冊 23.5×15.5 35丁
六合亭
文政11(1828)戊子年親刻
弘化4(1847)年求刻
大坂 河内屋茂兵衛 河内屋喜兵衛 敦賀屋九兵衛 
京   銭屋惣四郎 蛭子屋治助 
江戸 山城屋佐兵衛 須原屋茂兵衛 岡田屋嘉兵衛  
八日市 小杉文右衛門
127 我が身のため 中篇上中下 刊3巻3冊 上22丁 中18丁 下21丁
序/天保辰8月 大橋真嗣
天保3(1832)辰初秋 二条通高倉西へ入町 田中屋専吉
128 心の行ゑ 初篇 写1巻2冊 22.0×15.0 17丁
樹下恂著・蔀関牛画
序/文化9(1826)年初夏 小野良信 謹識
文政10(1827)丁寅3月 
書林 大坂南久太郎町心斎橋通 塩屋卯兵衛
    京寺町錦小路上ル町 伏見屋半三郎
129 (教訓絵入)心之行衛  刊2巻2冊 上28丁 下27丁
二篇上・下 浪華樹下
天保7(1835)丙申歳9月刊
序跋/天保6(1835)年 小野良信 謹識 
書林 大坂心斎橋通南久太郎町西 ?屋卯兵衛 他1軒
    京三條御幸町角 吉野屋仁兵衛
蔀關牛画
130 (教訓絵入)心の行衛  刊3巻3冊 上17丁 中20丁 下17丁
三篇上・中・下 序/天保戊戌(9年1838)仲冬 蒼浪庵纓濯誌
弘化3(1846)丙午年刊 
浪華書肆 心斎橋通・北久宝寺町 河内屋政七
       心斎橋通・南久太郎町 塩屋宇兵衛
131 教訓心之行衛 刊1巻1冊 72丁
浪華 樹下恂
明治28年
序/蒼浪庵纓濯
月窓書屋蔵版
翻刻発行者 大阪市南区?町通四丁目百七十五番屋敷 伊澤駒吉
印刷者 大阪市西区阿波座一番町六十番屋敷 矢野松之助
専売所 大阪市南区心斎橋通順慶町北へ入 此村欽英堂
132 心学道の話 初篇~七篇 刊7冊 22.3×15.2 
奥田頼杖講話 平野橘翁聞書
序/天保癸卯(14年1843)春 土河明~弘化4(1847)年丁未刻成 廣陵花蹊堂
書肆 大坂農人橋通谷町西え入 本屋吉兵衛 
    京都錦小路麩屋町東え入 伏見屋祐七郎 他3軒
133 教訓心法 極楽住居 二篇下 刊1巻1冊(他は欠) 22.0×15.3 22丁
樹下恂
天保10(1839)亥年4月刊
大坂河内屋長兵衛 他
134 勧善夜話 刊5巻5冊 25.9×17.0 
大蔵亀翁(永常)
序/弘化3(1846)年 大蔵永常
弘化4(1847)年丁未正月刻成 
江都書林 浅草福井町一丁目 山崎屋清七
大阪発行所 書林 心斎橋南二丁目 敦賀屋九兵衛
135 勧善夜話 後篇 刊5巻5冊 133丁 
大蔵亀翁
嘉永6(1853)年仲夏 神田旅籠町壱丁目 紙屋徳八
136 心学繪入心のちか道 刊4巻4冊 元18丁 亨19丁 利20丁 貞20丁
無稽庵主人題 
弘化4(1847)未能としの冬
弘化4(1847)丁未9月吉日刊
浪華書肆 堺筋周坊町 袋屋亀次郎
播熊蔵書
137 心学集草 写1巻1冊 14丁
瀧川盛衛
嘉永6(1853)丑年7月中
138 人道二十四箇條 刊1巻1冊 62丁
荒井玉泉堂
慶応元年乙丑(1865)5月補刻
皇都書林 花屋町油小路東え入 永田調兵衛 菱屋孫兵衛
       高倉姉小路上ル町 北村四郎兵衛梓 他1軒
139 心学道話 初篇 刊1巻1冊 59丁
守本恵観
明治17年11月3日出版御届
同年12月20日刻成
著述兼出版人 守本恵観
売弘所 杉本甚助
140 道乃栞俚諺解 全 刊1巻1冊 27丁
児島良平
明治18年刊
明治10年12月24日版権免許
明治18年1月刻成
註釈人 岡山県備前国岡山区岡山新道五十六番地 三宅重造 
出版人 蓑裏平八郎
141 勘善小話 刊1巻1冊 22.0×15.0 37丁
山東指月述
明治21年11月25日印刷
明治21年11月26日出版
発行者 大阪区南本町三丁目七番地 大辻増五郎
売捌所 東区南久宝寺町四丁目 前川善兵衛 
印刷者 大阪市西区江之子嶋上町壱番地 瀬戸清次郎 
大阪感化保護院蔵版
142 四書心学講話抄 刊1巻1冊 91丁
足立栗園
明治35年7月25日印刷
明治35年8月10日発行
発行者 大阪市東区安土町四丁目七三十八番屋敷 石田忠兵衛 
印刷者 大阪市南区心斎橋通一丁目六番屋敷 淵上松太郎 
発売所 大阪市東区安土町四丁目 積善館本店(電話特東230番)
143 経子心学講話抄 全 刊1巻1冊 58丁
足立栗園
明治35年8月25日印刷
明治35年8月30日発行
発行者 石田忠兵衛 
印刷者 淵上松太郎 
発売所 鹿児島県島区塩屋町 積善館本店(電話特東350番)
144 心学叢書 刊6巻6冊 22.4×15.0
赤堀又次郎
明治37年2月27日印刷
大正2年2月15日七版発行
牧野文庫蔵
145 心学叢書 刊6巻5冊(6冊のうち1編欠)
赤堀又次郎
明治38年1月21日印刷
大正2年9月25日五版発行
発行元 東京日本橋本町三丁目 博文館
146 心学叢書 刊6巻4冊(6冊のうち4・5巻欠) 
赤堀又次朗
東京博文館蔵版
147 心学起源 刊1巻1冊 38丁
山田俊卿
大正7年1月18日印刷
大正7年1月22日発行
著述兼発行者 大阪市南区逢阪上之町千四百拾番屋敷 山田俊卿
発行所 心学明誠舎
印刷人 矢屋弥市郎
印刷所 矢屋弘文堂
148 用心譬喩草 全 刊1巻1冊 96丁
-1 生島養老翁謄 山田俊卿翁訂正
-2 明治45年4月10日刊
明治45年4月10日印刷
同年4月15日発行
大正2年7月1日再版
発行者 堺市宿院町西三丁目一番地 生嶋嘉久次郎
印刷者 大阪市西区阿波座中通二丁目四番地 井上幸三郎
施販者 生嶋嘉久次郎
149 見聞集 道の杖 全 刊1巻1冊 22.7×16.0 113丁
万年教証
序跋/大正4年6月 浪華博稲 萬年教證
150 石門心学こころえ草しづがうた 刊1巻1冊 22.5×15.0 118丁
編輯兼発行者 大垣市郭町一丁目百六番地 久世偕子
昭和16年8月25日印刷納本 
同9月1日刊発行
序/はしがき 亡名記、賎歌
印刷人 大垣市田町千百七十一番地 松岡健三
印刷所 大垣市田町千百七十一番地 大垣印刷所
151 絵本いろは歌孝行鑑  刊2巻1冊 4丁
上・下 大阪書林 正本屋清七
※長秀画(中に明誠舎の絵あり)
152 心学早まなび 刊1巻1冊 22.3×15.3 26丁
野崎一歩斎
序/野崎一歩斎 跋/中次良三郎
浪華書林 農人橋一丁目 本屋吉兵衛
153 心学問答 写1巻1冊 81丁
154 石門策問類聚 写11冊 ①27丁 ②80丁 ③97丁 ④108丁 ⑤89丁 ⑥90丁 ⑦98丁 ⑧102丁 ⑨82丁 ⑩92丁 ⑪115丁
東京平野橘翁子原輯 川尻宝岑録 高橋好雪校
155 拝答集 写1巻1冊 31丁
中村所蔵
156 二十問答 写1巻1冊 19丁
157 心学集要鈔 写10巻10冊
158 心学集要鈔後篇 一・二・ 写1巻5冊 
三・四・五
159 修養記要 写1冊 132丁
160 石門心学講録 第一 写1巻1冊 103丁
山田可耕
明治36年~39年
山田可耕蔵書
161 石門心学講録 第二 写1巻1冊 ①147丁 ②57丁
山田可耕
明治40年
山田可耕蔵書
162 石門心学講録 第五 写1巻1冊 41丁
163 石門心学講録 第六 写1巻1冊 35丁
大正7年
164 石門心学講録 甲 写1冊 101丁
明治三一年十月十四日於東区備後町明誠舎出張所に於て講録 山田可耕
165 心学講録 壱 写1巻1冊 15.7×10.5 48丁
166 心学道之題集 写1巻1冊 39丁
167 遇翁道話 刊1巻1冊 345丁
宮本遇翁遺稿 清水俊校正
明治41年5月印刷・出版
序跋/明治36年1月 宮本遇翁
所有印刷者 岡千代彦
発行所 東京小石川区表町三十八番地 同友社
168 石門心学諸国舎號録 写1巻1冊 20丁
169 道歌心の写 刊1巻1冊 43丁
三五園月 麻呂輯
序跋/法廷弘麻呂
170 古今道歌集 写1巻1冊 99丁
勝野如水
171 童子孝行短歌・藤樹先生女訓 写1冊 22.0×15.5 8丁
172 心学道話 卅題 写1巻1冊 9丁
木原香雪写
173 博労町明誠舎 写1巻1冊 23.1×16.0
Ⅲ教訓
174 悔草 全 合上中下 刊1巻1冊 26.0×18.0 82丁
慶安2(1648)暮春吉辰
175 為人鈔 刊10卷10冊 ①44丁 ②25丁 ③18丁 ④27丁 ⑤39丁 ⑥30丁 ⑦29丁⑧28丁  ⑨31丁 ⑩33丁
河野道清
寛文2(1662)歴壬寅仲夏刊
176 新版 やまと小学 一~五 刊6巻5冊 23.0×16.0 10~67丁
辻原沙木子(元甫)
初版万治2(1659)年
跋/明暦4(1658)戊戌年吉辰 辻原隠士沙木子謹誌
京寺町妙満寺前 野田弥兵衛 開板
177 格物辨議 写1巻1冊 51丁
藤井懶斎翁
元禄(11年1698)丙寅刊
178 諌草 上下 刊2巻2冊 38丁 ① ② 
宝永3(1706)年3月18日刊
寛政元(1789)年巳酉6月 大坂心斎橋通北太郎町北え入 浪速書林 河内屋喜兵衛
文林堂蔵
179 諌草 上下 刊4卷4冊 上一26丁 上二17丁 下一26丁 下二16丁
本主□梅木由兵衛 宝永三(1706)歳戊孟夏
180 諌草 上・下 刊2巻2冊 25.0×17.5 38丁
天明二(1782)年壬寅春三月刊
浪花新町西口砂場 海部屋勘兵衛
181 かなめ草 刊1冊
手島堵庵
寛政6(1794)年酉2月吉辰
平安書坊 二条通高倉東入 脇坂正兵衛
182 楽訓 2巻2冊 22.3×15.5 上30丁 下20丁
貝原益軒
宝暦8(1758)孟春 柳枝軒茨城信清
183 初学訓 刊1巻1冊
貝原益軒
享保三戊戌年陽月吉日
六角通御幸町西入町 茨城多左衛門開版
序跋/竹田定直
184 家道訓 刊1巻1冊 22.2×14.5 110丁
貝原篤信
享保六辛丑歳
書林 茨城多左衛門開版
185 六諭衍義敘 刊1冊 74丁
享保六辛丑歳十一月吉日
武江書林 須原屋茂兵衛 出雲屋和泉稼? その他4軒
186 五常五倫名義 刊1冊 24丁
室 直清
浪華書肆 心斎橋筋北久太良町 河内屋喜兵衛
187 民家童蒙解 刊5冊 
常磐貞尚
元文二丁己年正月末日
序跋/享保二十年四月二十一日 一竿舎兆翁再拝
東部書肆 江戸本町三丁目 西村源六
京都書林 堀川錦上ル町 西村市郎右衛門
188 商人平生記 刊1巻1冊 35丁
(あきんど) 難波吾平
元文3(1738)年仲秋刊
書林 京寺町松原上ル町 菊屋七郎兵衛 寿梓
序跋/元文三年戌年午孟蘭日 市中散人伴祐佑
189 自性録 刊2巻2冊 乾32丁 坤16丁
天明4(1784)辰午立春
麩屋町蛸薬師下ル町 吉野屋勘兵衛
新町通二条下ル町 武村嘉兵衛
190 眼覚余音 刊1巻1冊 24丁
(児女教訓 以呂波歌) 序跋/享和3(1803)春2月 聖護王府世古帯剣国栖?伯脩
享和3(1803)癸亥春2月 京師書肆 鷦鷯総四郎上梓
淇水楼塾蔵(柱の下に刻)
191 父子訓 刊2巻4冊 73丁
中村弘毅
序跋/文化丁卯(4/1807)冬11月 若槻敬撰
発行書房 大坂堺筋大宝寺町角 豊田屋宇左衛門
       江戸日本橋通須原屋茂兵衛 他6軒
192 白隠和尚施行歌 刊1巻1冊 22.5×15.5 5丁
文化9(1812)壬申年冬霜月刊
静安舎 小谷重之識
193 白隠和尚施行歌 刊1巻1冊 22.0×15.5 5丁
文政5(1822)年識語    
194 子孫寶草 刊1巻1冊 26.0×18.0 46丁
-1 原序/宝永3(1706)歳戌戊夏
-2 序/文化13(1830)年丙子秋 伊藤芳脩
画工 南江八尾貞
彫工 遠藤儀兵衛
195 教諭 武家小学 刊1巻1冊 27丁
山鹿素行先生遺篇 高林政明和解
文政巳卯2(1819)年刊
序跋/真蔵山崎寛
東京書肆
196 梧坡教諭 刊2巻2冊 上 下
江戸 晴湖 荒井堯民
文政7(1824)年刊
江戸山町三丁目 和泉屋金右衛門
197 和漢陰?傳 刊1巻1冊  
藤井小頼斎、 画狂老人卍(北斎)
序跋/天保11(1840)年春正月 安貴多善民
天保5(1834)年甲午正月 西弥兵衛
                 須原屋茂兵衛 他6軒
198 町人嚢(拂底) 刊4卷4冊 22.0×16.0 ①40丁 ②42丁 ③49丁 ④22丁 (153丁)
(貝原町人嚢) 崎陽求林斎西川先生
天保12(1841)丑年刊
序跋/長崎 西川求斎書
天保12(1841)丑年初春補刻
三都発行書林 秋田屋太右衛門
          須原屋茂兵衛 他5軒
199 道学標的 写1巻1冊 12丁
筆写者 景雄
弘化3(1846)年正月
序跋/弘化3年正月上院 景雄
200 六愉衍義大意 刊3巻3冊 26.5×18.5 ①42丁 ②34丁 ③33丁
序/天保歳次甲辰春正月前権大納言資受
   天保十三壬寅歳二月 勝田和郷謹識
   文化五戊辰年閏六月 平賀信濃守殿
跋/弘化乙巳十月下澣
      江都一斎佐藤坦
天保14(1843)年癸卯12月判成 官許
弘化4(1847)年丁未5月増加 官許
城南伏見 発弘所 三雲氏
京都新町通二條南 商量軒 勝田蔵祥
201 古道訓蒙頌 刊1巻1冊 26.5×18.5 12丁
杉庵久保秀茲
安政5(1858)年官許 5月開刻
序/丁巳春仲 鶴峰戊由題
杉舎蔵
202 秦西 勸善訓蒙 刊3巻3冊 ①30丁 ②30丁 ③38丁
フランス人ボンヌ著述 箕作麟祥 謹述
明治4(1871)辛未仲秋刊 
名古屋学校蔵版
中外堂発兌
203 勧善道話家職要道 刊1巻1冊 18.7×12.6
庄司南鴃
明治8年10月出版
同25年9月16日再版印刷
同26年2月10日三版印刷
跋/荒木
発行者 大阪市東区博労町四丁目百九番屋敷 中川勘助
印刷者 大阪市南区鰻谷仲之町五十三番屋敷 岡島孝治郎
孝子会蔵書
心学明誠舎舎中 生駒権七君寄贈
204 説教道話初編并次編 刊2巻1冊 43丁
西京 宇喜多練要
明治6年10月刊
序/さくら戸玉緒
開版書林 京都三条通寺町四丁東 福井源次郎
       同寺町通三条上ル 福井孝助 他2軒
205 説教道話続編 刊1巻1冊 43丁
西京 宇喜多練要
明治6年12月刊
官許開版書林 京都三条寺町東入 福井源治郎
          同三条通柳馬場東入 辻本仁兵衛 他3軒
本町三丁目 加藤徳三郎蔵書
206 三則愚言 刊1冊 19丁
代木 大久保祥譽
明治6(1873)年12月刊
京都 文明書楼
207 好生問答 刊1巻1冊 22.5×14.8 76丁
-1 橘門居士 著者相続人 東京牛込神楽町一丁目七番地 秋月新太郎
-2 明治13(1880)年7月24日御届 同年1月出版
序跋/明治14年6月 中教正瀧谷琢宗
出版人 山口県平民 東京麹町区上六番町四番地 石村貞一
発売書肆 東京浅草松山町 珠水屋清九郎 他5軒
208 諸人一代 道中圖之解 刊1巻1冊 25丁
富士屋長兵衛遺稿
明和8(1771)辛卯正月刊
序/北溟渙人 隔月それの日
浪華書舗 野村文■堂板
209 極楽道中案内記 刊1巻1冊 21.9×15.4 58丁
(中将姫法語他合本) 明治32年9月
刊行者 大阪一心寺
210 習性邇言 刊2巻2冊
予州逸士徳水尚興
序/文久壬戌(2年1862) 東岡主人
211 孫安記 刊1巻1冊 26.0×17.5 30丁
源海亀
序/文化5(1808)年戊辰孟春 桑原八左衛門(源海亀)
文政11(1828)戊子年3月吉日寿櫻 浪華天満 順則堂蔵
212 禮學童蒙必要 全 写1巻1冊 23.0×16.3 
平安大館氏晴天涯著
天保8(1837)年4月写
213 三教童喩 写3巻3冊 ①29丁 ②35丁 ③32丁
思忍堂 非得
文政3(1820)辰孟秋刊
序/津羅文 思忍堂 非徳
秋田氏蔵
214 安心辨疑論要決 施本 刊1巻1冊 17丁
水野南北(一道)
文政8(1825)刊
序/文政8甲申年弥生日辰 小西?玄衛
相伝 元祖聖徳皇太子 御霊作
樽屋金蔵 山田氏蔵書
215 説教要集 刊1巻1冊 43丁
隆円
文化11(1814)刊
序跋/天明8(1788) 神巧再刻
西京書肆 丁子屋栄助
216 鄙都言種 刊2巻2冊 
森羅子 
序跋/享和2戌(1802)のとし晩秋 樗僕道人
発行書林 大阪心斎橋通南久宝寺町 伊丹屋善兵衛
       江戸日本橋通壱丁目 須原茂兵衛 他8軒
217 鄙都言種後篇 刊2巻2冊  
森羅子 画 鍬形萬斎子
序跋/寛政乙卯(7年1795)仲秋 森羅子述
発行書林 大阪心斎橋通南久宝寺町 伊丹屋善兵衛
       江戸日本橋通壱丁目 須原茂兵衛 他8軒
218 聖学講義大意 刊1巻1冊 26.5×18.0
和気行蔵
文化7庚午歳
219 演連楼教訓 刊2巻1冊 34丁(序4丁 上14丁 下14丁 跋2丁)
矢木慕回
宝暦14(1764)甲申初春
書肆 大阪心斎橋南詰 丹波屋半兵衛発行
220 諸書抜書(高札之写) 写1冊 37丁 (儒書抜書)
221 立身虎之巻 刊4巻4冊 76丁 
明治8年3月刊
皇都東洞院三條上ル町 村上勘兵衛
222 漫聚代紳録 全 写1巻1冊 81丁
魚楽斎編集
223 臍隠居 刊1巻1冊 26丁 
-1 岡田驚光
-2 明和2(1765)・安永3年(1774)序
皇都書肆 麩屋町三条上ル二丁目 近江屋荘兵衛 
224 教憲衍義 刊1巻1冊 22.0×15.5 67丁
著者兼発行者 兵庫県播磨国宍粟郡山崎町四百六番地 福原憲七
明治26(1883)年12月25日印刷出版
序/明治26年6月 笠井彰
印刷者 兵庫県播磨国宍粟郡山崎町五番地 小林扇太郎
発行者 兵庫県播磨国宍粟郡山崎町四百六番地 私立靖献義塾 
225 真俗ニ諦道しるべ 刊1巻1冊 30丁
著者兼出板人 大阪東区淡路町四丁目二十四番地 喚大順
明治20(1887)年1月14日出板御届 同年2月7日刻成
序/明治20年2月 迂叟大順
発兌書林 南区瓦屋町四番町四十九番地 谷川清治郎
226 和語自知録 刊1巻1冊 11丁
明治21(1888)年6月15日印刷 同年同月25日出版
序跋/明治21年2月 萬年退耕庵主獨園詩
訂正兼発行者 京都府上京区第30組妙清寺前町十番戸 河合卯之助
印刷者 大阪府東区伏見町二丁目十六番地 内外新報社主 青山大太郎
227 最明寺殿教訓百首 刊1巻1冊 67丁
文迺家主人校
明治26(1893)年2月刊
印刷者 東京市京橋区築地二丁目四十七番地 曲田成
発行者 東京市日本橋区 箔屋町壱番地 中辻堂
発行者 東京市日本橋区 箔屋町壱番地 中島精一
228 統一學 刊1巻1冊 16丁
著作兼発行者 鳥尾小彌太
明治35(1902)年4月印刷発行 同12月再版印刷発行 
印刷者 島 保蔵
印刷所 秀英舎第一工場
229 養生辨 刊1巻1冊 14丁
済門敬沖 東京浅草区松葉町五十八番地
明治30年10月11日印刷
同年10月18日出版
序跋/丁酉歳初冬 斗室老納 敬沖
発行兼印刷者 岐阜県岐阜市本町七番左 近藤伊三郎
施本者 岐阜県安八郡御寿村大字楡俣五番左 棚橋屋津子
田南橋蔵板
230 処世教訓 一年夜話 刊1巻1冊 21.6×14.0 
生出大癖
序/明治32年1月 著者
東京 目黒書房発兌
231 聖訓 刊1巻1冊 23.3×14.6
-1 著作兼発行者 東京市小石川区開口町百九十二番地 鳥尾小彌太
-2 明治37(1904)年4月7日印刷  同12日発行
印刷者 東京市京橋区南小田原町二丁目九番地 中野鉄太郎
印刷所 東京市京橋区築地三丁目十五番地 帝國印刷株式会社
232 二宮翁道歌解 刊1巻1冊
福住正兄
明治40(1907)年刊
跋/明治庚子年初冬 報徳学園書館 中上信英識
明治3年12月25日 印刷発行初版
明治40年5月1日 第3版印刷 同5日発行
発行所 報徳学園書館 
233 いろは頭附 こころえ草 刊1冊4部 
-1 小西篤斎(清三郎)
-2 明治45年1月12日印刷
-3 印刷者 加藤真一
-4
234 日新館童子訓 刊2巻2冊 ①66丁 ②45丁
序跋/序 享和元(1801)年季春
    跋 享和癸亥3年4月朔東肥古鬲謹
235 不盡道歌 三十六首解 刊1巻1冊 20丁
食行尊師
236 盲安杖 刊1冊 29丁
237 備前少将光政 君則 写2巻1冊 35丁
池田光政
序跋/末松勲識
238 五常名義繪抄(上) 刊1巻1冊(上のみ) 22.0×13.0
239 禮學大全 五常五倫要辨 写3巻4冊 23.0×16.0 40丁 
平安 大館氏晴天涯
鶴鷯昌大郷父校正
240 善悪種蒔鑑 刊1巻1冊 13丁
四天王寺 浄信
茶臼山観音寺蔵板
241 嫁入談合柱 下 刊1冊 20丁
浪速書舗 田中宋栄堂蔵版目録
大阪心斎橋通安堂寺町 秋田屋太右衛門
242 御高札之写他 写1冊
243 忠孝道の柴折 (巻上~中) 刊2巻2冊(3冊のうち下欠) 上25丁 中29丁
序跋/文政2(1819)年卯の11月 つら之
下巻欠のため、刊記不明
244 示合之條目 写1冊 
245 家訓 刊1巻1冊 13丁
-1 竹田黙雷
-2 明治戊戌
246 道歌心の策 刊1巻1冊 25丁
序跋/沙羅樹下参読 無染居士
247 前賢の遺音 刊1巻1冊 19丁
248 執中学派立教大意 執中学派主義目的 執中学則略解 執中学派立憲  刊1巻1冊 50丁
249 本教誘蒙今様 刊1巻1冊 3丁
高津社派出説教 世話掛
大阪市南区二ツ井戸町 塩田新兵衛蔵書
250 新民和訓 写1冊 30丁
山田敬斎
序跋/昭和7年
Ⅳ孝義
251 會津孝子傳 刊5巻1冊 100丁
寛保2(1742)壬戌歳正月吉日刊
序跋/寛永7(1630)年 森雪翁謹記
京師書肆 柳枝軒茨城多左衛門
       玉池堂梅村彌右衛門同梓
252 前後孝行録(唐本) 刊1冊 60丁
道光甲辰春敬募重鐫 
京江柳書諫堂
253 筑前国孝子良民傳 刊2巻2冊 22.7×15.8 ①32丁 ②35丁
寛保2(1742)孟春吉日刊
序跋/元文庚申仲秋(8月) 竹田定直
京師書林 柳枝軒蔵版
江戸日本橋 小川彦九郎
254 義奴傳 刊1巻1冊 17丁
孤立道人 ?大我
宝暦9(1759)年秋7月刊
序跋/栗林錬石亭
平安書肆 植村玉枝軒儒書蔵板目録
255 孝行物語(一~六) 刊6巻6冊 ①30丁 ②36丁 ③28丁 ④31丁 ⑤36丁 ⑥30丁
宝暦14(1764)甲申4月求之
平安書林 秋田平左衛門
       金屋三良兵衛
佐々木蔵書
256 駿州八助行状聞書 刊1巻1冊 22.4×15.5 21丁
富岡以直
京都書林 堀川通佛光寺下ル町 銭屋七良兵衛
    寺町通四條下ル町 伏見屋藤次郎
257 和州 和田邑孝女茂代傳 刊1巻1冊 16丁
紀州 鎌田一窓
天明元年辛丑夏5月
書肆盾古堂 京麩屋町通三条上ル二丁目 近江屋治郎吉
弘所書林 京都二条通麩屋町東入ル町 山本長兵衛
       和州郡山柳町 八木屋彦七郎
258 孝子善之丞感得傳之上・下 刊2巻2冊 上52丁 下44丁
天明2(1782)寅刊 
厭?沙門
皇都書林 文昌堂 花屋西洞院西ヘ入町 永田調兵衛 
259 筑後民間孝子傳前編 刊2巻2冊 上34丁 下29丁
宮原國綸 (久留米)
寛政乙卯(7(1795))秋8月朔刊
序/寛政乙卯秋8月朔 宮原國綸
文化5(1808)戊辰年4月
大坂書林 中橋通百貫町 扇屋利助
260 藝備孝義傳題辞 刊1巻1冊 7丁
-1 頼 惟完
-2 寛政9(1797)年丁己3月
第1回史料展覧会記念広島図書館蔵
261 芸備孝義傳 刊1巻1冊 3丁
頼惟柔序
-1 寛政9(1797)年丁己3月
-2 第1回史料展覧会記念広島図書館蔵
262 藝備孝義傳(巻一~八) 刊8巻8冊 ①35 ②23 ③20 ④20 ⑤23 ⑥17 ⑦30 ⑧20丁
頼 惟柔
序跋/寛政9(1797)年 頼惟完
    寛政9(1797)年 頼惟柔
263 かはしまものがたり
跋/竹山積善 明和辛卯11月
264 孝行すずめ 刊1巻1冊 10丁
天保10(1839)亥年11月刊
明治再版
津逮堂 下京区第五区辨慶石町三條通御幸町西入五十六番地 大谷仁兵衛
265 義僕傳 写1巻1冊 10丁
善光寺人(岩下多門)員融撰
弘化4(1847)年丁未3月刊
跋/弘化4年丁未正月 遊学法門朱愚白癡子純覚
善光寺大門町蔦尾伴五郎製本
266 生野銀山 孝義傳 刊1巻1冊 44丁
含章小川先生
嘉永2(1849)年己酉年正月刊
序/浪速小竹学人篠崎粥撰 嘉永元年嘉平月
跋/北溟山人橘?撰 嘉永元年戊申冬12月
麗澤館蔵梓
267 孝行和賛 刊1巻1冊 18丁
明治2(1869)己巳歳3月刊
吉田道休蔵書
268 孝論 刊1巻1冊 42丁
明治8年7月30日許可
序跋/明治8年8月28日 大教正久我環渓
出版願人 東京府下二大区四小区愛宕下町一番地青松寺寄留 大教正久我環渓
発兌書肆 東京第二大区七小区飯倉町五丁目三十番地 森江佐七
269 本朝彫史 列女傳 初編 刊2巻2冊 ①35丁 ②37丁
白川幸女 飛騨国大野郡大名田村十四番地
明治12年25日出版御届
同年 刻成発兌
序/(乾)序明治11年 平安菊池三渓純識
出版人 京都府下京区第五組三條通寺町西入弁慶石町六十番地 杉本甚助
      京都府下京区第五組三條通御幸町角五十四番地 大谷仁兵衛
270 近世孝子傳 刊1卷1冊 40丁
城井悔庵
明治8年乙亥1月発兌
東京浅草須賀町 松崎半蔵
序/序佐藤元長 序自東園青木隆書明治7年
内題 明治7年12月新刊 槐陰■屋蔵版
271 近世孝子傳 刊1巻1冊 
城井壽章
明治14年1月11日反刻御届・出板
序/序佐藤元長 序自東園青木隆書明治7年
反刻出板人 播磨国姫路俵町十六番地 山野長平
大売所 高知県 沢木駒吉
内題 明治14年1月反刻 葦?堂蔵版
北山有卿画
澤谷晃蔵書
272 和漢孝義録 刊6巻6冊 ①24丁 ②24丁 ③26丁 ④26丁 ⑤27丁 ⑥26丁
鈴木重義
明治15年5月1日版権免許 
同年8月20日出版
序跋/明治15年壬午省軒亀谷行撰
出版人 東京府下京区御徒町壱丁目五番地 亀谷竹二
発兌 大坂北久宝寺町 前川善兵衛
    東京芝口一丁目 牧野善兵衛
273 和漢善行録 初篇上・中・ 刊3巻3冊 46丁
松山亮校閲 和田鋭夫・高橋同輯
序跋/明治壬子
274 明治孝節録 刊4巻4冊 ①36丁 ②45丁 ③67丁 ④73丁
明治10年11月出版
序跋/明治10年7月議官勲2等侍講 福羽美静
    明治8年10月 近藤芳樹
  発売人 東京第一大区六小区川瀬石町八番地 村上勘兵衛
宮内省蔵板権所有 文学御用掛 近藤芳樹編輯
275 二十四孝繪抄 全 刊1巻1冊 37丁
備前熊澤了戊編撰 浦川会左画図
序/玉水亭保慶
276 続二十四孝繪抄 全 刊1巻1冊 28丁
諸國発行書肆 大阪博労町四丁目 中川勘助
          東京日本橋通二丁目 北畠茂兵衛 他9軒
277 孝行瓜の蔓(上・下) 刊2巻2冊 ①34丁 ②14丁
黄備二生堂 川合元述
278 小学勧善 本朝孝子伝 刊1卷1冊 40丁
明治12年序
高崎芳宣編輯
版府書肆 宝積堂
279 講録第四(孝子萬吉伝  写1冊
他四種) 明治以降写
280 画本 二十四孝 刊1巻1冊 22.4×15.8 27丁
塩屋忠兵衛
浪華書林 心斎橋北久太郎町 塩屋忠兵衛
281 孝行和訓 刊1巻1冊 6丁
282 孝襄  刊1巻1冊 50丁
因幡西薇先生(岡田勝興)
文化14年丁丑孟冬序
283 孝の道 刊1巻1冊 22.0×15.5 4丁
如雲翁
Ⅴ漢学 
284 女四書 (内訓上・下、女 刊7巻7冊 27.0×18.0
誠全、 女論語上・下、 辻原元甫
女孝経上・下) 明暦2(1656)丙申年季春殻且刊
洛陽室町鯉山町 小嶋弥左衛門刊
同          中野仁兵衛
285 和論語 刊10巻7冊(4・5・6巻欠) 
清原良業
寛文9(1669)己酉稔閏陽月良辰日刊
板元 京尾張屋勘兵衛
弘所 山本辰兵衛
    海老屋弥兵衛
286 和語陰?録 再刻全 刊1巻1冊 94丁
袁了凡(若)
文政元(1818)年寅年11月再板 
浪華 心斎橋安堂寺町 田中太衛門 他1軒
京都 日本橋通南壱丁目 須原茂兵衛 他1軒
江戸 高麗橋壱丁目 赤松九兵衛 他1軒
287 和解女四書 一~五 刊5巻5冊 27.0×18.7 22丁 
漢 曹壽妻班昭
日本 若江秋蘭和解
日本 安達清風校訂
明治16年7月7日版権免許
同年12月26日出版
出版人 版権所有 岡山県 安達清風
印行発兌所 大坂西区堀上通三丁目二十四番地 松田正介
Ⅴ漢学 孝経類
288 孝経 刊1巻1冊 27.0×17.5 34丁
享保17(1732)年壬子仲冬朔日刊
東都 紫芝園蔵版
宝暦11(1761)年辛巳5月日再刻
書肆嵩山房 小林新兵衛発行
289 孝経 司馬温公指解 刊1巻1冊
司馬光
天明7(1787)丁未正月刊
書肆 大阪堺筋長堀橋北へ入 増田源兵衛梓
290 古文孝経正文 刊1巻1冊 20丁
春臺先生訓點
明治五年壬申新鐫 鹿児嶋懸刊行
291 玄宗御註 孝経補義 刊1巻1冊 
天明8(1788)歳次戊申夏6月吉日刊
序/福井輒
篠山城 振徳堂蔵版
292 古文孝経標註 刊1巻1冊 34丁
片山兼山
享保17(1732)壬子年仲冬朔日刊
寛政6(1794)年甲寅11月再版
序跋/明和9(1772)年壬辰春正月 兼山山世?謹□
書肆 嵩山房 小林新兵衛梓 
293 古文孝経標註 刊1巻1冊 34丁
片山兼山
享保17(1733)壬子年仲冬朔日刊
文化12(1815)乙亥3月再版
序跋/明和9(1773)年壬辰春正月 兼山山世?謹□
書肆 嵩山房 小林新兵衛梓 
294 古文孝経正文  刊1冊 16丁
孔 安國・春臺先生訓點
延享元(1744)申子夏5月日刊
寛政4(1792)年壬子9月再板
序/孔 安國
東都 嵩山房 江戸日本橋南二町目 小林新兵衛梓
295 古文孝経孔傳 刊1巻1冊 34丁
漢 孔安國傳 太宰純音 
享保17(1734)壬子年仲冬朔日刊
文化12(1815)乙亥3月再版
序跋/兼山山世? 東都 河保寿書
書肆 嵩山房 小林新兵衛梓 
296 孝経発揮 刊1巻1冊 43丁
文政9(1826)丙戊新刊
序/津阪孝緯 文政6年
津藩 有造館蔵版
297 増補孝経彙註(上下) 刊2巻2冊 35丁  
江元祢 浪華源後素(大塩中斎)増補
天保6(1835)刊
京屋浅次郎発行
298 孝経大義 全 刊1巻1冊 35丁
朱文公刊誤 ?陽薫縣註
明治16年刊
出版人 福岡区福岡簀子町百三番地 林斧介
299 明治新註 古文孝経校本 刊1巻1冊
開徳
明治16年出版
集註者 西成郡曽根崎村第百拾四番地寄留 開徳
出版人 東区備後町四丁目三拾七番地 吉岡平助
300 孝経定本 刊1巻1冊 33丁
松本豊多
明治21年7月1日印刷
序/明治21年4月 西尾忠馬
   明治戌子6月 松本豊多郎
跋/明治21年6月 西條山井重章識
発行者 東京日本橋区通二町目十三番地 小林新兵衛
印刷者 東京日本橋区川瀬石町三番地 下村初太郎
弘通書肆 大阪東区北久宝寺町四丁目 三木佐助他1軒
       東京神田区表神保町 中西屋邦太
301 考訂 孝経 刊1巻1冊 29丁
山本章夫
明治29年5月印刷・出版
編纂者 京都市下京区油小路通五条ビル上金佛町六番戸 山本章夫
発行者 同東洞院通三条上ル曇華院前町十番戸 山本規矩三
印刷所 同所 村上勘兵衛
売捌所 村上書店
302 孝経塾本 刊1巻1冊 11丁
谷 鉄臣 京都市上京区御幸町夷川上松本町九番戸
明治29(1896)年5月11日印刷 同年5月16日発行
発行兼印刷者 京都市上京区柳馬場御池下八幡丁七番戸 北邨四郎兵衛 
303 孝経 全 写1巻1冊 48丁
304 孝経 全 刊1帖
曾田文甫 京都市上京区相國寺北町
大正8年6月20日印刷 同年6月25日発行
印刷者 京都市上京区三條通木屋町西入樋之口町十二番戸 
305 改正音訓古文孝経 刊1巻1冊 16丁
綽堂先生
序/孔安国 
東京書林
松柏堂蔵
306 孝経啓蒙 写1巻1冊 85丁
中江藤樹
Ⅴ漢学 四書
307 四書集註  刊3巻3冊
天保8(1837)年刊(木活字)
大阪心斎橋通北久太郎町 河内屋喜兵衛
京都三条通御幸町 吉野家仁兵衛
江戸日本橋通二丁目 須原屋茂兵衛
308 四書集註  刊10巻10冊 
序跋/慶応丙寅8月望日 富山祭酒杏立叙
廣徳館校正
富山版木方 古川冝衛 荻田永治
309 四書 後藤訓點  刊1巻1冊 
明治26(1893)年8月14日印刷 同年8月20日発行
編輯兼発行者 大阪市東区北久太郎町四丁目百二十八番邸 岡本仙助
印刷者 大阪市南区安堂寺町二丁目二十六番地邸 山田元吉
発行所 大阪市北久太郎町四丁目 岡本偉業館
Ⅴ漢学 大学
310 大学 後藤點 刊1巻1冊 17丁
朱憙
序/嘉永5(1852)年春三月 安積良斎
再版改正 後藤點
311 大学章句 刊1巻1冊
朱憙
序/朱憙
壷井謙三郎蔵 宝珠院什物
312 大学 後藤點 刊1巻1冊 14丁
明治27(1893)年再版
浪華 浅井龍章堂 岡島玉堂
後藤松陰訓點
313 大学 後藤點 全 刊1卷1冊 17丁
明治14(1881)年新刻
序/淳煕巳丙甲子新安朱憙序
後藤松陰訓點
浪華清玉堂蔵
314 大学篇提要 刊1巻1冊 9丁
谷 鉄臣 
315 学庸 刊1卷1冊 35丁 27.7×19.5 
(大学章句/中庸章句) 朱憙
永日堂 
甲原積蔵
Ⅴ漢学 中庸
316 中庸 後藤訓點 刊1巻1冊 30丁
-1
-2
317 中庸大切章(先生嘉左衛門直聞書) 写1冊 45丁 明和5(1768)年写
松永優斎筆者
玉造敦厚舎
318 中庸首章発蒙図解 全 写 1冊 17丁
尾藤二州
奥書/「古雑著十五篇、及答問七條、吾師 二州先生壮歳前後之作、暢嘗所騰蔵、今併附刻、池暢又記」
Ⅴ漢学 論語
319 論語 後藤點 刊巻1・2の1冊のみ 24.5×17.5 21丁
■頭音註 後藤點
320 論語 後藤點 刊4巻4冊 26.0×18.0 ①35丁 ②55丁 ③45丁 ④41丁 
新刻改正 後藤點
序/朱憙集註説
321 論語 後藤點 刊4巻4冊 24.5×17.5 ①29丁 ②45丁 ③36丁 ④34丁
後藤點
序/朱憙集註説
322 論語 上・下 刊2卷2冊 27.7×19.5 上60丁 下55丁 
朱憙集註
永日堂
Ⅴ漢学 孟子
323 孟子 上・下 刊2卷2冊 27.7×19.5 上67丁 下86丁 
孟子 朱憙集註
永日堂
324 孟子 刊4巻4冊 25.5×17.5 205丁 
明治14(1881)年5月22日御届 同年6月出版
訓點者相続人 後藤元太郎
出版人 和田巳之助
325 孟子 刊4巻4冊 26.0×18.0 249丁 
明治17(1878)年3月8日翻刻御届 同年5月1日刻戌発兌
新刻改正 後藤點
原版 佐土原学習館蔵版
出版人 吉川半七
専売人 鈴木吉蔵
Ⅴ漢学 孔子
326 孔子行状図解 刊1巻1冊 26.4×18.0 32丁
寛政元(1789)己酉新鐫
江戸書肆高山房 小林新兵衛梓行
327 孔子家語(聞書) 写1冊 
Ⅴ漢学 程子
328 程子論性諸説 刊1巻1冊
浅見安正
和漢洋書籍売捌所 京都寺町通四条北え入町 文求堂 田中治兵衛
329 白鹿洞書院掲示 刊1巻1冊 10丁
慶安3(1650)年序/山崎嘉
大坂河内屋八兵衛板
330 白鹿洞掲示 図解 刊1巻1冊 8丁
厳本復
嘉永6(1853)年刊
序跋/嘉永6年癸丑春 前川文撰
    嘉永壬子(5・1852)年12月 後学岡本知充撰
暇脩堂蔵板
Ⅴ漢学 朱子
331 ①朱子家訓抄 刊3巻3冊 
②朱子家訓抄私抄中 寛文2(1663)年初陽吉旦 八尾勘兵衛梓刊
③朱子家訓抄 下 勝浦五兵衛 善次郎政晴所蔵
332 朱文公童蒙須知 写1巻1冊 24.0×16.2 16丁
元禄16(1703)年癸未正月吉日刻
333 朱子訓子帖 刊1巻1冊 27.2×19.0 24丁
武村昌常刊
跋/訓子帖 山崎敬義跋
松井図書部蔵
334 治家格言 写1巻1冊 26.0×17.0 9丁
Ⅴ漢学 老子
335 老子道徳経 写1冊 26丁
336 老子?斎口義 上・下 刊2巻2冊 上51丁 下51丁
?斎林希逸
宝永6(1709)年巳丑歳5月吉日刊
書林 須原屋茂兵衛版
337 老子経心学講話 写2巻2冊 上89丁 下70丁
山内眠翁
Ⅴ漢学 その他
338 陰?録 刊1巻1冊 34丁
元禄14(1701)年2月18日刊
序/独湛蛍
339 和語陰?録 全 刊1巻1冊 104丁
明袁了凡
明治26(1893)年8月24日印刷 同年8月30日発行
序跋/安永4(1775)年乙未初冬下浣日 南越角鹿津不可説序
翻刻出版人 細野長吉
印刷人 大阪市東区和泉町二丁目八番屋敷 前野茂文次
340 臣軏 上下 刊2巻2冊  
序跋/寛文8(1668)年秋8月日 柳谷散人埜子苞父書
林和泉掾版行
静養居蔵書
341 世範(上・中・外) 刊3巻3冊 上24丁 中25丁 下24丁
編者 松村九兵衛
寛政5(1793)癸丑歳7月刊
大阪書林 心斎橋南一町目 松村九兵衛
342 通俗世範 全 刊1巻1冊 65丁 22.9×15.3
序/明治12(1879)年2月 陸軍少将 小澤武雄
343 倭忠経 上・下 刊2巻2冊 上24丁 下42丁 
南部立庵
寛文7(1668)年孟春
洛陽室町通鯉山町 小嶋弥左衛門新刊
344 忠経集註詳解 刊1卷1冊 74丁
元禄2(1689)年刊
跋/元禄2己巳年3月3日 宇遯菴
?陽書肆 蔵版
345 繪本忠経 刊1巻1冊 25丁
高井蘭山
天保5(1834)甲午正月発兌
葛飾 前北斎 為一老人画
彫工 杉田金助
東都書肆 江戸日本橋通弐町目 須原屋新兵衛梓
346 忠経定本 全 刊1巻1冊 13丁
編輯人 柳澤祐嗣 当時大阪府下東区谷町二丁目三十一番地寄留
明治16(1883)年1月23日刊
序/久留間聖江識 馬融
出版人 東区博労町四丁目二十七番地邸 青木恒三郎 
発兌書肆 大阪市心斎橋筋博労町 青木嵩山堂
       東京市日本橋区通一丁目 青木嵩山堂
347 正文章軌範評林 正篇 刊7巻3冊 26.0×18.5 55丁 
一宗廣信 畳山先生謝栃得批選
明太夫 九我先生李延機評訓
日本東都 藍田東亀補訂
平田宗城増註
348 続文庫軌範評林 刊7巻3冊 ①39丁 ②45丁 ③40丁
平田宗城
序跋/寛政6(1794)甲寅春正月 朝敬大夫山邨良由撰
出版人 高橋雅香
製本所 田中九兵衛
三府発兌書肆
349 菅家遺誡 全  ?        24丁
跋/嘉永壬子(5・1852)仲春 右兵衛大尉紀維貞薫沐拝識
350 藤樹先生書簡并雜著 写1巻1冊 65丁
序/三宅正名(石庵)
351 大学或問 乾・坤 刊2巻2冊 26.5×18.0 ①42丁 ②37丁
熊沢蕃山
天明第八歳次戊申十一月
序跋/天明戊申(8・1788)夏四月 芝龍 於赤城凌霄閣
大阪心斎橋通南久宝寺町 泉本八兵衛
Ⅵその他
352 鳩巣献可録 上・中・下 写3巻2冊 ①80丁 ②85丁
353 鄙魯大旨 刊2巻2冊 ①83丁 ②52丁
伊藤東涯
序跋/享保10(1725)年乙巳重九日 伊藤長胤
     享保庚戌重九日 奥田士亨
354 経済録 写10巻5冊 27.0×18.5 66丁 
太宰春台
享保14(1729)年己酉2月8日
355 為学初問 刊2巻2冊 86丁 
長門講官 山縣周南懸孝孺述
宝暦10(1760)辰春刊
書物師 山城屋茂左衛門
356 為学初問 校正 刊2巻2冊 ①41丁 ②45丁
長門山懸 山縣周南
三都発行書肆 大阪心斎橋通唐物町南入 河内屋仁 他1軒
京都三条通御幸町角 吉野屋仁助(文金堂) 
東京日本橋南壱丁目 須原屋茂兵衛 他7軒
尾州名古屋本町通 菱屋藤兵衛
亀半蔵書
357 大洋雑話 初編 刊1巻1冊 22.5×17.5 50丁
高村謙光
天保5(1834)春3月発兌
序跋/文政元年 川田?親
書房 大阪 河内屋宗兵衛
京都 菱屋孫兵衛
358 消息往来 全 ?  1冊 13丁
359 草字彙 刊6巻3冊 ①53丁 ②52丁 ③50丁
石藍蒼
乾隆戊申(1788)年刊
序跋/序 ?思道 乾隆丙午
     序 将光越 乾隆丙午
     後序 菴石■
敬義斎蔵板
360 篆隷十体千字文 刊1巻1冊 25.6×18.6 39丁
明治34年1月15日購版
発行者 東京市京橋区弥左衛門町十三番地 武田傳右衛門
361 六書通 刊4巻4冊 
安永4(1775)刊
日本橋南第二街 小川彦九郎
菊地城野蔵書
362 愛石帖 刊1巻1冊 24丁
明治26(1893)年7月25日印刷 同年8月5日発行
編纂兼発行者 東京市日本橋区濱町二丁目十二番地 千葉立造
印刷者 東京市日本橋区質屋町六番地 吾妻健三郎
363 三語字解 刊 58丁
編輯人 奈流芳於芸 大阪府下西成郡
出版人 岡田茂兵衛 府下東区博労町
364 訂正増補 康煕字典 刊1巻4冊 12.5×9.0 386丁 ① ② ③ ④ 
長谷川政忠 編輯
明治13(1880)年11月12日出版御届
同年同月20日 刻成
序跋/明治庚辰孟冬之吉東恵如山木内文友識
出版人 井上徳治郎
東京弘通所 芝区芝明神前 山中市兵衛 他27軒
発兌人 神田区神田五軒町五番地 矢野新造
365 和漢年契 刊1巻1冊 57丁
寛政9(1797)年丁巳 新鐫山人著
文化2(1805)年乙未改正
同13年丙午補正
天保2(1831)年辛卯再鐫
安政2(1855)年乙卯9月大成増補重鐫
序跋/寛政8(1796)年丙辰冬10月 津国 三村其原
発行 江戸本石町十軒店 英大助
    同日本橋通一丁目 須原屋茂兵衛 他4軒
366 古今和歌集序 写1巻1冊 
名和喜都/辛卯11月
367 和歌ふるの山ふみ 刊1巻1冊 349丁
文政10(1827)年亥年初夏刊 
序跋/文政7年12月 大江広海
大坂 岡田茂兵衛
京都 八木治兵衛
江戸 須原茂兵衛
368 楽焼秘嚢 下 刊1巻1冊 18丁
浪速 中田潜龍子
元文元(1736)年辰仲冬
書林 大坂 丹波屋理兵衛求板 
京都 菊屋喜兵衛
江戸 西村源六
369 筝曲大意抄 巻一 刊1巻1冊 8丁 26.0×18.0
天明2(1782)年2月7日刊
序跋/安永己亥8(1779)仲夏 大澤山人識
樋口淳美
370 志野流 香法 写1巻1冊
371 ①古今模様集  刊3巻3冊帙入 11.2×16.2 ①16丁 ②31丁 ③82丁 
②六体字引 編輯人 村上正武  大阪府西成郡本庄村千三百七十五番地寄留
③無双広益紋帳  関根観連
明治18(1885)年3月出版
序/巻首 淇外竹村斐 明治17年
附録 村上正武
子国源恒徳
出版人 前川善兵衛 大阪府東区南久宝寺町四丁目八番地
372 笑話本(蚊・蚤・虱より洗濯 写1冊
所への訴へ 他)
373 杉平作彌之傳 写1巻1冊 22.8×15.8
杉平作彌之傳 田中芳之助伝・杉田玄白伝・北山寿庵伝
374 生花実体 はしめくさ 刊3卷3冊
上中下 癸亥孟冬
375 文場必携(可耕齊随筆の写)
無いもの
石田先生語録 写1冊 39丁
序/大正9年3月 山田敬斎
仁徳天皇 刊1巻1冊 44丁
佐久間瞬一郎閲 高崎芳宣
明治12年9月刊
序/明治巳卯仲秋 藤沢南缶
文昌帝君孝経 刊1巻1冊 81丁
序跋/四子並岳天壌可也道光元年十月呉門石?玉
道光甲辰年春敬募重鍋 前後孝行録 京江柳書諌(見返し)
白鹿洞書院掲示 拓本? 30.0×10.8 41部
宋丞相文天祥語
寛政6(1794)年酉2月吉展
平安書房 山本長兵衛
端見の草むすび 刊1巻3冊 ①29丁 ②17丁 ③20丁
春古洞斎輯 春宵斎校正
享和3(1803)癸亥冬竣工
序/難波人 蘆屋頑翁
書工 法眼龍雲男 探光斎 伏野幸得
彫工 浪華 松井忠蔵
天御中主神 写 94丁
道話覚書 写1巻1冊 37丁
一般社団法人心学明誠舎
大阪市浪速区難波中3-13-1  エール学園3号館701
TEL: 06-6632-0041 FAX: 06-6632-6100
E-mail :meiseisha@ehle.ac.jp