心学明誠舎

SHINGAKUMEISEISHA
○ 「市民思想」の始まり…石田梅岩の思想は日本における「市民思想」の始まりであると言われています。そして、その世界観は、無意識の内に日本人の世界観の基となってきました。経済至上主義の吹き荒れる今、再び我々の手に取り戻すべき思想です。○ 町人が生んだ思想…1685年、京都・亀岡の農家に生まれた梅岩は、京都の呉服商で番頭にまで上りつめました。その間、儒・仏・道・神道など学問修行に励み、ついに悟りを開き、45歳から京都で講釈を始めました。梅岩は60歳で亡くなりましたが、門人たちによる心学講舎は全国に広がり、大きな影響を与えました。○ 性に従う…梅岩の思想は、実践的な思想ですが、その核心は-宇宙万物が等しく持つ「自然的秩序」を人間も持っている。人は人の形に基づく人の心(性・本心)を持っており、欲心に惑わされず、本心に従うことが人の道であり、商人の道である-ということです。「万事、物の法に随う」とも表現しています。○ 現代に持つ意味…梅岩は「勤勉」「正直」「倹約」、また、「先も立ち、我も立つ」商いを説きましたが、企業の社会的責任・社会との共生・環境保護などの観点から現代的な意味を持っています。○ 「勤勉」…梅岩は、人は労働によって食を得る形に生まれており、その心を持っているので、身を苦労し努めれば「心は安楽になる」と説きます。何のために働くのかが問われる今、味わうべき言葉です。○ 「正直」「先も立ち、我も立つ」…梅岩は、「此正直が行われれば、世間一同に和合し、四海の中皆兄弟のごとし」と言います。また、「まことの商人は、先も立ち、我も立つことを思うなり」と言っています。日本で最初にCSR(企業の社会的責任)を唱えたと言えます。○ 「倹約」…梅岩の倹約は金を貯めるためではありません。「物の効用を尽くす」ことです。「世界に三つ要る物を二つにてすむようにするを倹約と言う」と言っています。今、最も必要とされている省資源、環境保全につながる考え方です。○ 社会的役割の自覚…「士農工商」はその職分において平等であること、また道徳も身分や職分で変わりがないこと、商いの利益は武士の俸禄と同じで正当なものであることなどを、厳しい幕府政治の中、危険を顧みず主張したことは、商人の社会的な役割の自覚・自信につながりました。この他にも、梅岩の教えには、世界的な視点から価値あるものが多くあります。また、弟子たちには優れた人たちが多く、手島堵庵・中沢道二・柴田鳩翁などが活躍しました。鎌田柳泓は日本の科学史・哲学史上からもユニークな人です。

一般寄稿

NO 更新月日 寄稿者名 題名 リンク
32. 2016.10.01
黒川康徳 心学敬明舎再興物語 ここ
31. 2015.09.05 飯塚修三 浄土真宗と日本資本主義の精神New ここ
30. 2015.09.05 飯塚修三 マックス・ウェーバーと鈴木正三と石田梅岩New ここ
29. 2015.04.18 中尾敦子 
(当舎副理事長)
心学関係書物紹介
新なにわ塾叢書7『「大阪の学校」草創期を読む』ブレーンセンター
ここ
28. 2015.04.07 藤野孝夫
(隠岐の島在住会員)
恩師・竹中先生の教えを伝えて ここ
27. 2014.11.11 清水正博
(当舎理事)
現代に生きる石門心学⑦~明誠舎・実践人と共に歩む人生~を掲載しました。今回が、このシリーズの最終回です  ここ
26. 2014.06.10 清水正博
(当舎理事)
現代に生きる石門心学④~石田梅岩先生の生涯~、⑤・⑥~心学者列伝~3編一挙掲載しました  ここ
25. 2014.01.20 井上宏 日本人の嘘~「嘘つきで、しかも正直者」の真相と問題点~  ここ
24. 2013.11.11 清水正博
(当舎理事)
現代に生きる石門心学③~森信三先生の語る石門心学への期待~ ここ
23. 2013.11.10 藤野孝夫
(隠岐の島在住会員)
石門心学の現代的意義~学校教育に訓育の導入を~ ここ
22. 2013.08.26 中尾敦子 
(当舎副理事長)
「梅岩の教えを活かした商売のあり方」
8月21日、亀岡・梅岩の教えを活かすまちづくり協議会主催、「石田梅岩先生フォーラム」において、中尾氏が講演をされた原稿の転載
ここ
21. 2013.06.07 福山琢磨(「大阪春秋」編集発行人) 平成25年サマーセミナー中村春作・広島大学教授講演「『教養』の再生と『実学』の意義」を聴いて ここ
20. 2013.05.29 中尾敦子 
(当舎副理事長)
心学関係書物紹介
『公共する人間2 石田梅岩―公共商道の志を実践した町人教育者』東京大学出版会
ここ
19. 2013.01.20 藤野孝夫
(隠岐の島在住舎員)
商業と商人道の復権を目指して ここ
18.  2012.12.30 
改訂
2013.01.20
井上宏  一隅を照らす人、千里を照らす人
~最澄「山家学生式」における「照于一隅」説と「照千一隅」説について
 
ここ
17.  2012.09.30  清水正博
(当舎理事) 
現代に生きる石門心学②~森信三先生の語る石門心学への期待~ ここ
16.  2012.07.11  中尾敦子 
(当舎副理事長)
元心学明誠舎理事長・竹中靖一逝去時、妻・芳子が会誌「こころ」に寄稿した謝辞について~二人でともし続けた心学の灯と研究を偲んで~ ここ 
15.  2012.07.11 中尾敦子 
(当舎副理事長)
竹中芳子の老人大学卒業論文~山田俊卿のこと~  ここ 
14.  2012.03.16  飯塚修三  山田俊卿と神戸貧民病院 ここ
13.  2012.03.10  清水正博
(当舎理事) 
現代に生きる石門心学①~森信三先生の語る石門心学への期待~ ここ
12.  2011.10.23  藤野孝夫  「正直・勤勉・倹約」と私  ここ
11. .2011.04.27 井上宏  巨大技術への危惧と石門心学「倹約」の今日的意義~東日本大震災に伴う原発事故に思う~  ここ
10. .2011.02.06 下田幸男  今日に生き未来に活かす石門心学
  -石田梅岩の経営哲学に学ぶもの- 
 
ここ
9.  .2010.10.07 藤野孝夫  私と石門心学の出会い   ここ
8.  .2010.06.18 山田節子  石田梅岩史跡巡りレポート  ここ
7. .2009.07.12 大塚融 学問偽装の犯罪 ここ
6. .2009.04.24 堀井良殷
(当舎理事長)
随想「徳」 ( 「徳」、「商人道」、「懐徳堂」、「石門心学」、「ベンジャミン・フランクリン」、「資本主義の自壊」 ) ここ
5. .2009.04.14 井上宏 自己実現と石門心学 ここ
4. .2009.03.31 中尾敦子 21世紀、「ローカルな知」の宝庫は大阪に在り ここ
3. .2009.03.31 中尾敦子
(当舎事務局長)
平成の「心学明誠舎」活動から、私の「心学DNA因子」を読み解く ここ
2. .2009.03.11 井上宏 名は体を表す?~洋の東西、似た名前・似た発想~ ここ
1. .2008.08.18 井上宏 .ダーウィンより40年も前に進化論を唱えた心学者・鎌田柳泓 ここ
心学に関係する、エッセー・書評・論文などの投稿をお待ちしています
投稿資格は、舎員および舎員の紹介を受けた方に限ります
心学明誠舎事務局へ、メール・ファックス・封書などでお送り下さい
一般社団法人心学明誠舎
大阪市浪速区難波中3-13-1  エール学園3号館701
TEL: 06-6632-0041 FAX: 06-6632-6100
E-mail :meiseisha@ehle.ac.jp