心学明誠舎

SHINGAKUMEISEISHA
○ 「市民思想」の始まり…石田梅岩の思想は日本における「市民思想」の始まりであると言われています。そして、その世界観は、無意識の内に日本人の世界観の基となってきました。経済至上主義の吹き荒れる今、再び我々の手に取り戻すべき思想です。○ 町人が生んだ思想…1685年、京都・亀岡の農家に生まれた梅岩は、京都の呉服商で番頭にまで上りつめました。その間、儒・仏・道・神道など学問修行に励み、ついに悟りを開き、45歳から京都で講釈を始めました。梅岩は60歳で亡くなりましたが、門人たちによる心学講舎は全国に広がり、大きな影響を与えました。○ 性に従う…梅岩の思想は、実践的な思想ですが、その核心は-宇宙万物が等しく持つ「自然的秩序」を人間も持っている。人は人の形に基づく人の心(性・本心)を持っており、欲心に惑わされず、本心に従うことが人の道であり、商人の道である-ということです。「万事、物の法に随う」とも表現しています。○ 現代に持つ意味…梅岩は「勤勉」「正直」「倹約」、また、「先も立ち、我も立つ」商いを説きましたが、企業の社会的責任・社会との共生・環境保護などの観点から現代的な意味を持っています。○ 「勤勉」…梅岩は、人は労働によって食を得る形に生まれており、その心を持っているので、身を苦労し努めれば「心は安楽になる」と説きます。何のために働くのかが問われる今、味わうべき言葉です。○ 「正直」「先も立ち、我も立つ」…梅岩は、「此正直が行われれば、世間一同に和合し、四海の中皆兄弟のごとし」と言います。また、「まことの商人は、先も立ち、我も立つことを思うなり」と言っています。日本で最初にCSR(企業の社会的責任)を唱えたと言えます。○ 「倹約」…梅岩の倹約は金を貯めるためではありません。「物の効用を尽くす」ことです。「世界に三つ要る物を二つにてすむようにするを倹約と言う」と言っています。今、最も必要とされている省資源、環境保全につながる考え方です。○ 社会的役割の自覚…「士農工商」はその職分において平等であること、また道徳も身分や職分で変わりがないこと、商いの利益は武士の俸禄と同じで正当なものであることなどを、厳しい幕府政治の中、危険を顧みず主張したことは、商人の社会的な役割の自覚・自信につながりました。この他にも、梅岩の教えには、世界的な視点から価値あるものが多くあります。また、弟子たちには優れた人たちが多く、手島堵庵・中沢道二・柴田鳩翁などが活躍しました。鎌田柳泓は日本の科学史・哲学史上からもユニークな人です。
2019/6/142019年度定期総会
2019/6/14ひらのまちギャラリーサロン
2019/4/1新年度が始まりました。
2019年2月1日ホームページ変更のお知らせ
2019年1月1日ご協賛(名刺広告)のお願い


参加申し込みは下のリンクをクリックしてください。
2019/6/14ひらのまちギャラリーサロン
2019/3/153月勉強会
2019年2月19日平成31年心学明誠舎早春セミナー(2)
2019年1月25日平成31年心学明誠舎早春セミナー(1)
2018年11月28日平成30年度 年末勉強会
2018年11月13日公開講座フェスタ2018
2018年11月2日第11回石門心学講演会」
2018年9月22日大蓮寺墓参と『石田先生事蹟』を読む会
2018年6月29日平成30年度明誠舎サマーセミナー
2018年6月6日ひらのまちギャラリーサロン
ひらのまちギャラリーサロン
開 催 日:2019年6月14日(金)  18時30分~20時 講 師 :滋賀大学名誉教授・宇佐美英機先生    演 題 :伊藤忠兵衛父子の事業経営史 総合商社の伊藤忠商事・丸紅の創業者である初代伊藤忠兵衛と2代忠兵衛(精一)による事業経営の歴史について、その創業(1858年)から第2次世界大戦後に過度経済力集中排除法の適用を受けて4社分割されるまでの過程を概説する。伊藤忠兵衛家同族による事業経営の沿革史を語ることになるが、その歴史過程において初代・2代忠兵衛がどのような経営観を持ち、どのように経営組織を編制し店員管理を行ったのかについて明らかにする。  160年存続してきた事業を支えた伊藤忠兵衛家にみられる独特な経営のあり方や経営観を資料をもとにご紹介する。 場 所 :辰野ひらのまちギャラリー
一般社団法人心学明誠舎
大阪市浪速区難波中3-13-1  エール学園3号館701
TEL: 06-6632-0041 FAX: 06-6632-6100
E-mail :meiseisha@ehle.ac.jp